洗足学園音楽大学OB合唱団とは


洗足学園音楽大学OB合唱団は1999年洗足学園音楽大学同窓会30周年記念事業を機に発足しました。名称はOB合唱団ではありますが、現在は女声合唱団として活動しています。定期演奏会を主軸に、大学主催のホームカミングコンサートや川崎市後援のコンサート・市内音楽祭に出演するほか、世田谷区後援音楽祭や東京合唱祭への出演など活動の場を広げています。(詳細は活動履歴をご覧ください)

 

発足当初より20年間音楽監督・指揮を務められた常森闘志先生が、2019年6月に名誉顧問に就任され、後任として中村拓紀先生をお迎えして新体制でスタートしました。ピアニストは引き続き山本佳世子先生に留任いただいています。